島原名物 元祖 具雑煮 姫松屋

 水と森と歴史の街 島原の郷土料理 具雑煮

 「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことです。この「具雑煮」の由来は、寛永14年(1637年)の島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。
 おすすめメニュー
島原名物具雑煮

並 980円
大 1180円

 姫松屋のこだわり

シロナ、かまぼこ3種類、アナゴ、ごぼう、卵焼き、シイタケ、凍豆腐、れんこん、鶏肉、餅、春菊の計13種類の厳選した地元の食材にこだわりのダシが決め手です!

 | ホーム | 島原名物 具雑煮 | 各種定食 | 姫松屋のご案内 | お知らせ
姫松屋ホームページに掲載の文章、写真などの無断転載、加工しての使用などは一切禁止します。
Copyright 2004 himematsuya.All rights reserved.
御予約はお電話でどうぞ:0957−63−7272